良い組織は幸せな働き手に支えられる

個人セッション(ヒプノセラピー)について

価格:18,000円(税込)2時間~2時間半(※2018年6月より、23,000円に価格改定予定)

  • 初回は説明等に時間を使うため、3時間ほどかかる可能性もございます
  • レンタルサロン利用ではなくご自宅をセッションに提供いただける場合は3,000円引き(アクセス、静かさなど一定の条件あり
  • ご紹介の方は特典あり

対応時間:以下を基本枠とさせていただきますが、週末などの個別相談も承ります

  • 平日 10時~12時半、または 14時~16時半

 

なぜ、数字の仕事をしてきた私が、心の仕事をするのか

2016年に独立して、様々な企業様とかかわらせていただく中で、個人の心と向かい合う仕事を軸にしていきたいと考えるようになり、まず、世界最大の催眠療法団体NGH(National Guild of Hypnotists)の認定催眠士の資格を取得しました。

個人の心のありかたに関わる仕事と組織の売り上げを伸ばす仕事と、一見全く違うように思われるかもしれませんが、わたしが長らく所属してきたセールス・ファイナンスの役目は、万国共通言語である「数字」を介して組織の意思決定を支えることにありました。それは、根幹では事実(数字)に徹する装置である一方で、その数字を牽引する生身の人々との日々のコミュニケーションが重要な仕事でした。特に、常に数字のプレッシャーに晒されつつも部下に対してのリーダーシップも求められる、営業のハイパフォーマー(管理職の方々)の、個性豊かな言葉から「読み」を編み出すことが、仕事の一部でした。

いわば当時から、人の心は、言葉は、常にわたしにとって大きな関心領域でした。そこに所属する個人が元気な組織には勢いがあります。組織が良い方向に向かっている時、そこに所属する個人の意識は明るいです。良い組織は幸せな人に支えられています。

どんなに傍から見て恵まれた状況にある人でも、誰しも想定外の壁にあたって苦しんたり、個人的な変容に際して迷ったりする時期があるものだということも経験の中で観察してきました。

そんな時、だいたいは上司や同僚、家族、友人など、身近な人たちとの対話に力を借りて乗り越えることができるかもしれません。が、時にはそれが難しいことがあるのが人間だと思います。他者の言葉ではなく自分の中の答えを見極めたいのに、いろんなノイズがあってそれができない時もあるかもしれません。企業勤めの中では、その個人がハイパフォーマーであるほどに、弱みを見せないことを習いとしているものなので、実は真面目な人ほど、無用な罪悪感や被害者意識を抱え込み、誰にも悩みを相談できず孤独になりがちなのではないかと思います。

なまじタフにできているだけに心療内科に行くほどにはなれない。自らがしっかりと意思決定のイニシアチブを握っているので、コーチングの本や占い師の宣託などでは救われない。わたしが個人セッションにおいて力になれるのではないかと考えているのは、一般的には「強い」といわれる、そのようなタイプの人たちです。

わたしは、本来素晴らしいエネルギーを持っている人が、リラックスして自らの潜在意識と向かい合い、明日からをより自分らしく楽しくすごしていただくための装置になれればと考えています。

 

ヒプノセラピー(催眠療法)について

ヒプノセラピーは日本ではなじみのない代替療法なので、「何か秘密を言わされてしまうの?」「メンタリストみたいなもの?」と誤解されがちですが、どちらも、誤解です。

ヒプノセラピーは、誰もが普通に持っている潜在意識の特徴を生かした心理セッションです。

 

ヒプノセラピーの目的:「これから」をより自分らしく生きていただくことです。人が生きているうちに知らず知らずに身につけてしまっている考え方の癖や、のびのびと生きる上で邪魔となる心のロードブロック、持っていても仕方のない罪悪感などを除去し、ご本人の希望に沿って潜在意識上で変容を起こすことで、より楽しい未来を拓いていきます。

 

催眠とは:身体はリラックス、脳波は瞑想に近いアルファ波になり、目を閉じて自分の内側に集中した状態です。セッションは会話をしながら進行していきます。催眠士のガイドに従って催眠状態に入ると「時間と空間に縛られない」そして「現実と空想とを区別せずに扱う」という潜在意識の特徴がのびのびと開放され、普段は忘れている記憶や感情が引き出され、意識の深いところにあるイメージや本音が、肌感覚として出てきます。

  • 対話のために比較的浅い状態で進行するので、顕在意識もはっきりとそこにあります。通常と同じように自分が何を話しているかが分かります。目を閉じて内側に集中しているため、セッションの対話はより明確に記憶に残ります。
    • 昏睡に近い深い催眠にはいると対話ができなくなり、セッションが成り立ちません。また、本人の意思がないのに深く入れられてしまうということはありえません。
  • 徹底してクライエント本人の言葉やイメージを尊重するヒプノセラピーは、副作用のない、優しい自己変容のメソッドです。

 

どんな人におすすめか:自分の潜在意識に集中し、イメージを言語化していくセッションなので、集中力があり、想像力が豊かな人に向いています。また「すべての催眠は自己催眠である」と言われています。より自分らしく楽しく生きるためのヒントを見つけたい、自分で道を拓きたいという強い意思を持っている人にこそお勧めします。そのうえで、

  • 漠然とした不安・恐怖・罪悪感を手放したい人
  • 現状を確認し、今後の人生をより自分らしく行きたい人
  • 思い込みから解放され、行動や性格を変えていきたい人
  • 自分の潜在意識と向かいあい、心の棚卸し・思考の転換をしたい人
  • 特定の人間関係や状況においての自分の行動やパターンを変えたい人

 

場所:東京都内のレンタルサロンで個別調整。女性の場合は東急目黒線の武蔵小山駅(目黒駅から各駅停車で2駅)から徒歩8分の私宅にお越しいただくことも可能です。お問い合わせベースで詳細をお伝えします。

 

申し込み方法:info@milieup.com宛に、メール本文に以下を記載のうえ、お問い合わせください。

  1. 氏名(かな)
  2. 生年月日
  3. 施術の希望日時(2~3候補いただけると幸いです)
  4. 連絡先電話番号
  5. セッションを受けようと思った理由
  6. ご紹介者(もしあれば)

スムーズな返信を心がけておりますが、移動中など回答が遅れることもございますが、何卒ご容赦くださいませ。営業日48時間以内に返信のない場合は、お手数ですが再度確認のご連絡をくださいませ。

 

その他:

  1. 男性は紹介制とさせていただいております。
  2. 医療行為ではありませんので、現在、心療内科にかかっている方・抗精神病薬を服用している方は、担当のお医者さまの承諾を書面で得ている場合のみの対応とさせていただきます。
  3. わたしはいわゆるリーディングや占いはできませんので、シャーマン的な宣託が欲しい方にはむいていません。あくまでご自身の精神世界、意識の深いところにあるものを引き出し向かい合い、心の棚卸をするお手伝いをさせていただく装置です。
  4. ヒプノセラピー自体があまり認知されていない施術ですので、受けるかどうか決める前に不明な点を聞いて十分に理解しておきたいという場合には、お気軽にお問い合わせください。聞いてからやっぱり受けない。といわれてもかまいません。