ロゴ画像

サービス紹介

サービスメニュー

企業向けコンサルティング・講師

経営課題に合わせた各種サービスを提供します。

管理・営業管理部門のKPI設計やダッシュボードデザイン、数週間~数か月のプロセスマネジメント伴走支援など。また、企業研修の講師登壇も承ります。(新卒研修、階層別研修。仕事の進め方・ロジカルシンキング、マーケティング思考に基づく課題解決研修など)

お問い合わせはこちらから

背景となる経歴

  • GoogleのFP&A(Financial Planning & Analysis)部門で、四半期ごとの広告売上の目標設計や予実分析を通じてカントリーマネージャのプレゼンや意思決定を支援。また、営業部門宛に売上機会最大化のための各種分析を提供し、継続的な対前年比二桁%成長を支援。
  • Trend Micro のB2Cマーケティング部門で、定量・定性調査の主導、ライセンス更新プログラムの最適化、プロダクト・プライシング、オンラインプロモーションの最適化などを担当。マクロデータと社内データを組み合わせた、セキュリティソフトウェア市場全体の推計モデルを考案し、担当中にリテール市場シェアNo1及び、ライセンス更新率史上最高値を実現。営業のための財務諸表トレーニングを実施。また、マクロ環境悪化の中での継続的な利益向上を維持するためにチャネル別のセグメントP/Lを設計。また、後にグローバルCRM導入の基礎となる法人営業部向けのパイプラインマネジメントのテンプレートも作成・運用し、B2B、B2C両営業部にかかる日本全体の予実管理を担当。
  • Appleのサポート部門でコールドライバー分析を担当。基幹システム導入に先立つ統計分析を担当し、グローバルプロジェクトのデザインフェーズに日本ビジネスのSME(Subject Matter Expert)として参画。その後、希望して教育研究機関向けの営業部に移動し、アカウントマネージャとして国立大学の情報処理センターへのOS Xシステム導入するとともに、米国のIT教育先端事例を、国内のK12機関に紹介。

お問い合わせはこちらから

個人向けメンタル・キャリア・コンサルティング

企業経歴の後半で、ビジネス・プランナーとして、営業マネジメントと数多くのレビューを行ってきた経験に基づき、ビジネスパーソン、プロフェッショナル向けの1:1の対面型問題解決支援を行います。「人は自らの中に答えを持っている」という絶対傾聴を基本とし、ご相談の内容・ご要望次第で、催眠療法(ヒプノセラピー)も承ります。

詳しくはこちら

背景となる資格と経験

  • 2018年8月、国家資格キャリア・コンサルタント養成講座を修了しました
  • 米国催眠士協会 NGH (National Guild of Hypnosysts) 認定ヒプノティスト(2017年1月取得)
  • 2006年に登山の趣味でキリマンジャロに登頂した際に役立ったヨガを体系的に学ぶため、2011年、代々木の老舗のヨガスクール Under The Light で全米ヨガアライアンスのTT1を受講しました。そこで学んだ呼吸法・リラクセーション法を導入に採用しています
  • 2013年、Google在籍時に話題の自社製マインドフルネス・トレーニング(原題:Search Inside Yourself)を受講しました。そこで実践的に有効だと感じた、身体を使った瞑想法のエッセンスを取り入れています
  • 2017年6月、ヒプノ・バーシング(Mongan Method)の指導を受けて第二子出産を実践し、身をもって潜在意識セッションの有効性を実感しました
  • 2018年4月、ブライアン・ワイス博士の退行催眠ワークショップを修了しました

なぜ、個人コンサルティングなのか

わたしが企業勤めの後半で専門としてきたビジネス・フォーキャストの仕事は、万国共通言語である「数字」に軸足を置いて事実に徹する傍ら、それを牽引する個性豊かな営業リーダーの方々との密なコミュニケーションが要となる仕事でした。組織の成長とそれを支えるプロフェッショナルの心の健康とは、一見関係ないようでいて、実は深く関連しています。

傍から見てどんなに恵まれた状況にあるタフな人でも、長く仕事を続けている中で、個人的な変容に際して迷ったり、想定外の壁にあたって抜け出せなくなってしまうこともあります。

大抵の場合は、家族、友人、同僚や上司など、身近な人たちとの対話に力を借りて乗り越えることができるのですが、その人がハイパフォーマーであるほど、無暗に弱みを見せないことを美徳とする習いもあって孤独になることもありえます。

そんな時に、メンタル・キャリア・カウンセリングをご用命ください。日本ではあまり浸透していないカウンセリングですが、いつもは自ら道を切り拓く強い意思とエネルギーを持って張りつめている個人が、一時肩の力を抜いて自分の内面と向かい合い、明日からをすっきりと自分らしく生きていただくために活用いただきたいと思います。

詳しくはこちら